広告表現・旧薬事法等に関するお役立ちコラム

天然(自然)由来だから安全?

築地市場の豊洲への移転問題で、小池百合子東京都知事は「豊洲は安全だが、安心ではない」として紛糾が続いています。

口に入るものですから科学的、法的に安全でなければなりませんが、主観的な感情である安心はそれぞれの人によって違いますので、大変難しい問題ですね。

化粧品や食品に天然(自然)由来だから安全ですといったキャッチを見かけることがあります。

天然(自然)由来には生物と鉱物があります。

生物の植物にはトリカブトやトウゴマなどがあり、動物にはフグやサソリなどがあります。

トリカブトは毒草として有名ですが、この根は漢方薬の成分として強心剤や鎮痛剤に利用されます。薬と毒は紙一重ですね。

またコレラ菌などの微生物も天然(自然)由来と言えるでしょう。

厚生労働省医薬食品局食品安全部の「健康食品の正しい利用法」には次のように書かれています。

Q.天然・自然のものなら安心?

A.天然・自然由来のものは、アレルギーの可能性や品質レベルをよく検討しましょう。

健康食品の宣伝・広告で「天然=安全・安心」のようなイメージを強調するものがありますが、天然だからといって安全・安心とは限りません。

<天然由来品で気をつけたいこと>

● 天然由来品が、合成品に比べて、品質・安全性が上位だという証拠はない。

● アレルギーの原因になりやすい。

● 産地、収穫時期、天候などの条件によって品質が一定しない傾向がある。

● いろいろな成分が含まれており、含有する全ての成分が明らかとなっているわけではない。

● 有害物質・不純物などが除去されていない可能性もある。

 「天然・自然です」とうたうことが、その製品の安全性や有効性を証明するものではありません。

天然由来製品の特徴をよく理解して、「天然・自然」の言葉にまどわされないようにしましょう。

天然(自然)由来だから安心の表示について、表示の裏付けとなる合理的な根拠が認められない場合には、不当表示とみなされる場合がありますので注意が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

河村コンサルティング事務所では通販ビジネスにおける健康食品や化粧品などの広告に関して、医薬品医療機器等法(薬機法・旧薬事法)や景品表示法などに基づく表現上のご相談をお受けしています。

ご相談では単に医薬品医療機器等法等に抵触しないだけでなく、お取扱い商品に最適の媒体のご紹介や、どうしたら媒体審査を通るか、どうしたら売れる広告表現になるかを考えたアドバイスをさせていただいております。

医薬品医療機器等法や景品表示法や健康増進法等に基づく広告表現でお悩みの方は、今すぐご相談・お問い合わせください。

「広告表現チェック・校正サービス」のご相談・お問い合わせはコチラから


広告表現チェック・校正サービス HOME > お役立ちコラム一覧 > 天然(自然)由来だから安全?