広告表現・旧薬事法等に関するお役立ちコラム

水素水商法とナントカ還元水

2・3年ぐらい前から水素水という名前をよく聞くようになり、なんとなく体に良さそうな気がして飲んでみました。

水素が入った炭酸飲料という感じでしょうか。

毎日飲む人にとっては家庭で作れる水素水生成器があれば安くできるということで、あちこちのメーカーで製造販売しています。

今年3月10日には国民生活センターが水素水生成器について注意喚起をしました。

水素水生成器は水道水を電気分解して水素を発生させる装置のことで、販売に当たって飲用や料理用とした水素水について、自社テストの結果、活性酸素の1つヒドロキシラジカルを90%以上抑制できたなどと説明されていました。

しかし、国民生活センターによると、水素水は炭酸飲料と同じイメージで、水素は二酸化炭素と同様に微量が水に溶けるだけだそうで、仮に水素水が体内に吸収されたとしても、どれだけ抑制機能を働かせられるのかは分からず、水素は、炭酸飲料のように水を振ったり温かくなったりすれば、気化しやすくなってしまい、飲んでも体内に吸収されない可能性もあるとのことです。

かって議員会館は水道代、電気・ガス代は無料なのに、「光熱水費」を五百万円も計上して、指摘されると、「ナントカ還元水とかいうものを付けている」とか、“いまどき水道水を飲んでいる人はいない”などと発言して、ひんしゅくを買った大臣がいました。

今でしたら水素水生成器を付けていると言ったでしょう。

水素水はあくまでも飲料でそれ以上の効能を謳うことはできません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

河村コンサルティング事務所では通販ビジネスにおける健康食品や化粧品などの広告に関して、医薬品医療機器等法(薬機法・旧薬事法)や景品表示法などに基づく表現上のご相談をお受けしています。

ご相談では単に医薬品医療機器等法等に抵触しないだけでなく、お取扱い商品に最適の媒体のご紹介や、どうしたら媒体審査を通るか、どうしたら売れる広告表現になるかを考えたアドバイスをさせていただいております。

医薬品医療機器等法や景品表示法や健康増進法等に基づく広告表現でお悩みの方は、今すぐご相談・お問い合わせください。

「広告表現チェック・校正サービス」のご相談・お問い合わせはコチラから


広告表現チェック・校正サービス HOME > お役立ちコラム一覧 > 水素水商法とナントカ還元水