広告表現・旧薬事法等に関するお役立ちコラム

一般懸賞か総付景品か

通販の広告で初めての方に△△をプレゼントということがよくあります。

テレビCMやラジオCMなどの時間媒体では、先着何名様にプレゼントとして申し込みが早ければお得ですよというケースもありますね。

この場合のプレゼントは一般懸賞でしょうか、それとも総付景品になるのでしょうか。

一般懸賞と総付景品では景品の最高額・限度額が随分違ってしまいます。

一般懸賞は抽選によって○○名にプレゼントという場合が多く、総付景品は利用者にもれなく提供するという場合が多くあります。

先着何名様のように人数制限がある場合は総付景品ではなく一般懸賞のように思えます。

しかし、抽選によって景品をプレゼントなどの偶然性や、クイズに正解したら景品をプレゼントするなどの優劣によるものによって景品をプレゼントするものを「懸賞」と言い、来店や申込みの先着順でプレゼントする場合は、偶然性や優劣で選んでいませんので、これは懸賞に該当せず総付景品になります。

総付景品ですから景品の上限額は取引価額の10分の2になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

河村コンサルティング事務所では通販ビジネスにおける健康食品や化粧品などの広告に関して、医薬品医療機器等法(薬機法・旧薬事法)や景品表示法などに基づく表現上のご相談をお受けしています。

ご相談では単に医薬品医療機器等法等に抵触しないだけでなく、お取扱い商品に最適の媒体のご紹介や、どうしたら媒体審査を通るか、どうしたら売れる広告表現になるかを考えたアドバイスをさせていただいております。

医薬品医療機器等法や景品表示法や健康増進法等に基づく広告表現でお悩みの方は、今すぐご相談・お問い合わせください。

「広告表現チェック・校正サービス」のご相談・お問い合わせはコチラから


広告表現チェック・校正サービス HOME > お役立ちコラム一覧 > 一般懸賞か総付景品か