広告表現・旧薬事法等に関するお役立ちコラム

15年ぶりの改正をチャンスに

高校の歴史教科書で学ぶ用語が半減されるようで、坂本龍馬や武田信玄、吉田松陰、新選組なども削減対象となっているようです。

小説やドラマの著明人が消えるのはちょっと寂しい気がします。

前回もお伝えしましたが、医薬品等適正広告基準が改正されました。

今回の改正で、今まで認められていなかった表現が出来るようになったこともあります。

今までは、特定の年齢又は性別等のみの使用表現はできませんでしたが、今回の改正で女性向けとか50代向けなどの表現ができるようになりました。

新発売という表現は、従来は製品発売後6か月間でしたが12か月間に延長されました。

複数の効能効果の医薬品等については、今までは2つ以上の効能効果を表示する必要がありましたが、1つだけの表示も可能になりました。

せっかくの改正です。

表現できることを表現しないのは非常にもったいないことですので、今一度パンフレットやHPを見直してみたらいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

河村コンサルティング事務所では通販ビジネスにおける健康食品や化粧品などの広告に関して、医薬品医療機器等法(薬機法・旧薬事法)や景品表示法などに基づく表現上のご相談をお受けしています。

ご相談では単に医薬品医療機器等法等に抵触しないだけでなく、お取扱い商品に最適の媒体のご紹介や、どうしたら媒体審査を通るか、どうしたら売れる広告表現になるかを考えたアドバイスをさせていただいております。

医薬品医療機器等法や景品表示法や健康増進法等に基づく広告表現でお悩みの方は、今すぐご相談・お問い合わせください。

「広告表現チェック・校正サービス」のご相談・お問い合わせはコチラから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【編集後記】

はしだのりひこさんが亡くなりました。

昔、母校同志社大学の門を入ったところで歌っていたのを 見たことがあります。

すぐ思い出すのは北山修作詞の「風」と「花嫁」ですが、 「風」はボブ・ディランの「風に吹かれて」、 「花嫁」は映画「卒業」に何か似たところがあるような気がしていました。

調べてみると、「風」は1967年で「風に吹かれて」は1963年、 「花嫁」は1971年で「卒業」は1967年。

そのころとても流行ったものですからきっと聞いたり見ていたりしたでしょう。

何らかの影響を受けたかなと想像します。


広告表現チェック・校正サービス HOME > お役立ちコラム一覧 > 15年ぶりの改正をチャンスに